検索
  • 原菜摘

よく聞かれるおきまりの質問をまとめました。

無敵艦隊代表の原菜摘です。




突然です。



本当に突然ですけど、

独立をしてから3年目になりますが、はじめましての方からほとんど100%と言っていいほど聞かれる質問があります。 それっは…



なぜ独立したの?

なぜ、今の仕事をしてるの?

そもそも屋号の意味は?

これからどうして行きたいの?



的な、原点や未来を聞いていただける系の質問です。

あまりにも聞いていただけるのと、あまり口頭では上手に説明できている自身がありませんので、HPに載せてしまえ!と思いまして筆を取ってみました。



ただ、……自分で自分のこと書くの難しい…ということで、ヒヤリングしていただいたものをまとめてみました。



こんな感じで考えていますということを、ご興味がある方は、知っていただけますと幸いです。




簡易的な自己紹介は、こちらにまとめてます。




(ピース)






____それでは、はじめていきます。独立したキッカケは何だったんですか?


『自分らしく生きるとは???』ということを突き詰めた結果、流れでたどり着いていた感じです。笑 なので、究極『どんな形態で働くのか?』ということに対してのこだわりは実は全くなかったりします。

もともとコーチングや心理学に興味があったんですが、四年制大学を出たため(しかも経済学部)資格もないけれど、心理的な部分に向き合える仕事はないか?と思って、、リラクゼーションセラピストの仕事につきました。


そこで、一人一人に向き合って施術をすることで、心と身体の繋がりのようなものを実感しました。


その頃に自分の関わり方が変わることでお客さまの施術の結果は変わるのでは?と思い、コーチングの学校に半年間、仕事のお休みの日に通い続けました。


コーチング的に関わっていって、言葉を変えるだけで、身体の反応が今までと変わってきた…!ということを体感し、指名のお客さまが増えてきた頃に、まさかのリラクゼーションの運営してる会社が潰れたんです。笑


その後に、学生時代の友人が鬱で体調を崩すことが多く、私は心理学を学んだものの、実際の日本の心理の土壌を知らないな…と思って、臨床内科や精神科の患者さんが多く通う薬局で働きました。


今は『心療内科とか、気軽に利用していいし、足を運べばいい。』という風潮がありますが、私が見てきたのは、数少ない病院ですが、気軽に行っていいと言える場所ではなかったです。まぁ、明言は避けますが。


そこで、私は、医療という現場をみたことによって、逆に、人の心へ光を灯し、自分がどうしたいとか、自分を活かすという視点があったら人は変わるのではないか?と思い、再びコーチングへの興味が再熱して、コーチングで独立したという感じです。


元々公務員試験を受けていたくらいですし、起業じゃなきゃダメ!ってタイプではなかったのですが、自分の違和感を違和感のままにしないということによって今にたどり着いてきたんだと思います。








____コーチングはどんな方にどんなことをしていたんですか?



コーチングでは、今まで600名以上の個人起業家さんから10億円規模の会社の経営者さんとのコーチングセッションをさせていただきました。


今は、短期の成果のための思考変容や行動変革のコーチングが流行っていますが、私は逆で長期的な視点を大事にしていて、そちらに強みが発揮できると思っています。


『長期的に、どんな人生を送りたいのか?』という部分に『今』が繋がっているのか?ということを、自分を犠牲にすることなく、在り方を両立させ現実を選択していくということを大切にしていました。

在り方を整える威力って本当に面白くて。ただ、魔法とか、そういう風には捉えたくないので、あんまり今は使いませんが。


守秘義務があるので言えないですが…本当に経営って目先のことでいろいろと起こるんだなぁ…的な感じでもうそんな稚拙な言葉でしか表現できないけど、そんな場を散々見てきました。


日々起こる、目の前のことに一つ一つに対処することも大切だし、かといって、自分のマインドが今に囚われてしまっては自分を押し殺したり、長期的な理想な在り方に繋がらないとなったら、本末転倒なので、コーチという職業は必須だと感じてますし、今後益々重要になってくるんじゃないかと感じています。


その時は、ずっと満席続きでしたし、社会に必要となるのはこれからじゃない?という感じではあったんですが、私はなんでも追求してしまう気質なので、追求すればするほど思ったのは、『コーチングは手段で活用するのが一番最高なのでは????』というのを思ったんです。





_______手段で活用する????



コーチングで人生変わるという話もあるけど、厳密にいうと、自分に向き合い、自分の人生に対してPDCAを回していった結果、人生めっちゃ変わった…!!!ということだと考えています。


そこで気づたのは、自分のことを知るとか、自分に向き合って、そして、自分の人生に対してPDCA回していくって、一生必要なことじゃない???ってことでした。


だから、今もブランディング設計するときとか、ミッションやビジョンなどの事業の根幹を作るとき、また、PR施策を練るときに、コーチングを使っているので、関わる人の変化のスピードはめちゃくちゃ早いと思います。


あと、あまりここをメインにはしたくないんですが、やっぱり、私は在り方が大事だと思ってます。


『みんながやってるから…。』『このように取り組むのが一般的だから…。』という、自分以外のものが目的になっていると、大抵ズレが起こってきますね。これは、100%言えることだと思います。 今は、1to1セッションは是非菜摘さんにお願いしたい…!と言ってくださる方の分はお受けしているんですけど、それよりも、『自分に向き合う』という習慣を身につけることの大切さを感じているので、そこをクローズドでセルフコーチングするコミュニティを作ってます。




_____ブランディングやPRの方向に仕事を以降した理由は何でしょう???


これは、魅せ方、ブランディングや、言葉の選択を見て依頼をしていただいたことがきっかけという、お客さまの依頼ありきで始まったのがキッカケです。


多分そのキッカケに1つを担ったのは、ビフォーアフターのインパクトだと思うんですけど。


こちらがビフォーで。





こちらがアフターです。





やばいでしょう。



元々、ゼロから発信だけで仕事の依頼をもらって、個人事業主をしていたので、こういった、発信の変遷のようなものも相まって、依頼をもらったんだと思います。


他にも、もはや趣味で、毎日、国内外のニュースを500ほどウォッチしているので、海外の流れや、スタートアップの流れを見ていると、個人や小規模事業にどういう流れがくるのかということが、あくまでも仮説ですが、予測が立てられるので、『こういった流れがくるからこそ、今はこうしていくべきでは ?』とか『今のビジネスモデルだと、長期的に破綻するから、今はこの手を打っておくべきでは?』とか『個人事業主界隈でこれが流行ってるけど、すぐ廃れるからこっちの考え方にシフトすべきでは??』といいった話をすることが多くて、こういった視点を多く持っているという、ヲタク気質が功を奏して、仕事につながりました。


それから、PR塾に通い、引き続き国内外のニュースをウォッチしたり、PRやブランディング関係の本を片っ端から読み漁っり勉強し、先輩方にいろいろと教えていただきながら、取り組んでいます。


個人から法人まで依頼いただいて、仕事をさせていただいているんですが、『目先の利益よりも、長期的なブランド化と繁栄を両立させる』という部分に共鳴していただいている方が集まっている感じです。


とは言っても、 まだ、このような価値観の人は理解はするし、わかりはするけど、実際に未来に向けた投資として取り組む人は、少ないと肌感覚で感じています。





単なる、メディア掲載や、売上アップだけでなく、それ以外の情報をしっかり編集し、ストーリーとして紡ぎ出すことによって、理想のお客さまに愛してもらえるようなブランド作りだったり、採用時に理想のスタッフが集まるための施策だったり、その部分を徹底しています。


関わったクライアントさんの、売上の桁が変わったり、国内でのシェアだったものが海外にまで広がるという動きを見てきてと、ブランディング・PRの力は、足し算で積み上げていくのではなくて、掛け算以上の力があるのでは?と思いながら取り組んでいます。


なので…本当に、始めに仕事を依頼していただいた方々のおかげで、口コミ・ご紹介で徐々に増えていったので、今の私があるので、感謝しかないです。




____次は屋号に関して聞かせてください。無敵艦隊はどうしてその名前にしたんでしょう???




よくエッジを立てるためにとか、ブランディング的に名前付けたんでしょう?とか言われるんですけど、全然そんなことなくて。 ノリと勢いでのようなものです。w

この言葉を使う、キッカケは本当に10年近く前の話なんです。 本当に、全然関係ないんですけど、大学生の頃ストリートダンスサークルに入ってて、自分が初めてディレクションしてチームを持つもらうことになったんですよ。本当に印象に残ってるショーケースの一つなんですけどね。その時に、『チーム名、どうしよう???』って言っていたら、後輩から『菜摘さん、無敵なんで、無敵艦隊とかどうでしょう?』って言われたんです。その頃確かに、ビビるほどがむしゃらに必死に生きていたのでしっくりきて。言葉とアイディアのセンスに脱帽し、『採用』となったので命名したのがキッカケです。笑

今になったら誰が付けてくれたのか、メンバー誰も覚えていないんですけど、でも、あの時のチーム名の語感が気に入っていて、自分の屋号に付けました。

マジ、感謝しかないです。 そんな中身がプライベートなことからきているのですが、人が勝手にいろいろと想像してくれていることからブランドは作られていくんだということも面白かったので、今までは言語化せず、勝手にイメージを作ってもらってました。



____そうなんですか。笑





でも、一応、理由を後付けで作ったんですけど、歴史上の意味を纏うためというのもあります。 無敵艦隊って、社会で勉強したの覚えていません?この艦隊、負けてるんですよ。『負け』ているのを使うって、正直縁起が悪いじゃないですか。 個人的にめっちゃそういうの気にするので、ビジネス的につけるのはどうしよう…と思ったんですけど、調べれば調べるほど、やっぱりいいな。って思ったんです。

というのも、無敵艦隊って、『世界最強』の意味で。 歴史上においては、負けているんですけど、スペインのサッカーチームを世界最強という意味で使っていたりして、概念や思想、価値観が残るということにいいなぁ…って思いました。 私は、『目先の勝ち負けは、本当なのか?』というところですよね。 そうではなくて、そのきっかけでどんな流れが生まれたのか、なにが変わっていったのかとかに興味があります。そのあたりが関連して、無敵艦隊=世界最強の代名詞となっているんじゃないかと思ってます。 だから、『取材されました〜!』とか、『満席になりました〜!』とか、そういうのに囚われる人にはなりたくないし、一見目立つことは、ますます今後価値がなくなると思ってます。 そこは、当たり前に取り組み、その先を見つづけ、クライアントさんに関われる状態が理想です。 はるか海を超えて、400年経った今、私が、この旗を掲げて生きているというのも、一つロマンやなぁ…って勝手に思っています。 あと、『世界最強』という言葉だけを聞くと、疲弊して…とか、酷使して…、というイメージを持つのですが、私が思う世界最強という意味は、自分の強みや才能、持っているリソースをフルで使って、軽やかに進み、己を突き詰めていくからこそ生まれる結果という感覚で。疲弊して…とかは本末転倒だと思ってます。 こんな感じで、無敵艦隊という言葉を掲げています。

________これからの野望はなんですか???







長期的な話をすると、手段には、あんまりこだわっていないです。 今は、ブランディングやPRのコンサルティングがメインですが、撮影に入ることもあるし、ブランドを立ち上げる準備もしています。 ただ、無敵艦隊のMISSIONとして、『人類無敵計画』っていう言葉を掲げているんですけど、ここに繋がるということは常々意識をしていきたいと思ってます。 これは、何度もこすられ尽くしている言葉で表現するのならば、『自分らしく生きる人を増やす。』ということです。 私は、本当に御心の良いクライアントさんに恵まれているので、本当にいいものを扱っている人、素敵な人などたくさんいます。 本質的な価値を広げ、届ける役割を担っているので、『自分らしさに気づく』ことにたいする、キッカケを作り出す人として、存在したいと思ってます。

私の住んでいる沿線がリブランディングをしているんですけど、元々は『ここに住むってちょっとダサい。』という負い目を若干感じるような場所なんですよ。 詳しく話すと長くなるので割愛しますが、今は、『これから新しい場所として変化するアツくて、スタイリッシュな場所』『最新的なことに取り組んでいるのに、住みやすさと共存している場所』という認知になりつつあって、ブランディングの力でここまで、人の認識、そして、ベースにある、安心安全な感覚を塗り替えるってすごいと思っていて。 毎日帰る場所が好きになる、毎日使っている沿線が好きになることによって、自分の中の日々の充実度が変わった体験をしました。 良く良く調べたら、数々のブランドを手がけた水野学さんが関わっていてすごく納得したし、消費者体験をした側からすると、ブランドのチカラは凄い…と思いました。 なので、私も、そういった人の幸福に繋がるブランドづくりを大切にしていきたいし、一流なブランドを創造していくことをやっていきたいんです。 仕事の依頼で、文化を作りたいとか、価値観を創造したいといったものが多いので、それをしっかりと現実に現象として生み出せる状態を作っていく予定です。 ただ、これって簡単なことじゃないので、一つ一つ丁寧に取り組んでいきたいと思っております。 例え、長期的にかかったとしても、本当の意味でのブランドを作りたいと思っている人たちに、お仕事においてお力添えいただけたらと思っております。


ということで、以上でよく聞かれることは網羅しましたかね。





(再びピース)







最後までお読みいただきまして、ありがとうございます…!


この記事を読んで共感いただいた方に、以下の職種の方を募集しております。



・具現化が得意なデザイナーさま

・細かいことが得意で壁打ちをしてくださる秘書さま

・ことばを大切にしているコピーライターさま



無敵艦隊のお問い合わせフォームからお待ちしております。






295回の閲覧
  • Facebookの - ホワイト丸
  • ブロガー - ホワイト丸
  • Instagramの - ホワイト丸

©2018 by 原菜摘公式サイト.